BENZOYLPEROXIDE
TRANS* GOODS 過酸化ベンゾイル

NEW!個人輸入ガイドを更新しました NEW!

* UPDATE * 日本で2008年にアダパレン(ディフェリン)が認可され、保険もきくらしいので、わざわざBPOを個人輸入する前に皮膚科で処方してもらって試してみるのも良いかと。

過酸化ベンゾイルとは

Benzoyl peroxide (ベンゾイル・パーオキサイド/パーオキシド、以下BPO)は、アメリカで広く使用されている処方箋不要(OTC)のニキビ治療&予防薬の有効成分。日本語名は「過酸化ベンゾイル」
日本では小麦の漂白以外ではあまり使用されてないらしく、化粧品や医薬品としても今のところ認められていない様子プロアクティブ外部リンクのオマケとしてついてくるナイトクリームには入っているので(2007年現在)、原料・添加物としてはOKだけど、ニキビ薬の有効成分としては認可されていないだけかも。

ニキビの原因となるバクテリアに対する殺菌作用(皮膚に塗られたBPOは分解し酸素を放出するため、絶対嫌気菌であるアクネ菌に有効。抗生剤ではなく薬剤耐性を誘発することは無い)乾燥・ピーリング効果があるため、サリチル酸(=BHA、ピーリング効果で過剰なコメドを防ぐ)やイオウ(乾燥作用)などよりも直接的な効果があり、軽度〜中程度のニキビ肌に一番効果的とされている(むしろ軽度〜中程度のニキビには、処方薬よりもBPOのほうがよく効く&コスパが高いらしい)。

で、何をもって軽度〜中程度なのかというと、『赤ニキビが顔全体にボツボツ』くらいまで。かなり痛みを伴う化膿したニキビ(黄ニキビ、結節など)が沢山できるような重度のニキビ肌の場合、大抵のケースは医者にかからないとコントロールは難しいらしいが(米国の場合:抗生物質、トレチノイン等の外用薬、それでもダメならアキュテインが処方される模様)、個人差はあれど、地道に使えば効果が期待できるそう。
→ ニキビの程度・図解

BPO含有商品は、洗顔料なども多く市場に出ているものの、一番効果的なのは洗顔後に塗って放置するタイプMAX濃度10%の商品外部リンクが殆どだけど、それは「Maximum Strength=一番効果がある」と勘違いする消費者傾向のためで、実際は10%だと強過ぎ、顔がガッサガサのカッチカチになっちまう可能性が大。
特に初心者や広範囲のニキビに悩む人は、効果が同等で且つ副作用(極度の乾燥・肌荒れ)が少ない濃度2.5%がベスト[6, 7]と思われる。

使用方法
  1. 最初の1週間は、1日1回洗顔後に少量を使用。2週目からは1日2回、1ヶ月ほどかけて徐々に量を増やしていく
    Acne.orgレジメンの使用量の目安外部リンク(ページ中盤「Benzoyl Peroxide (2.5%) - Step 2 of 3」の「Dosage Chart」クリックで展開) ← 2.5 % を顔全体に使う場合。左が最初の1週間、で、2〜4週間かけて右の写真ほどの量(2パンプ分)まで増やす。改善後のメンテナンスには、ここまで大量に使わなくても良くなるかも。

  2. マイルドな洗顔料で力を入れずに優しく洗顔。刺激を避けるのが重要。

  3. 洗顔後10~15分置いてからBPOを塗布 (刺激を緩和するため)。

  4. ニキビ自体にだけではなく、ニキビが出来てる又はニキビが出来やすい部位全体にまんべんなく塗る。但し、目の周りは避けること。

  5. 塗る際には強く擦り入れずにそ〜っと。しつこいようだけど、最初は少量から!!

  6. BPOが乾くのを待って、しっかり保湿する。このときも、強く擦らない!保湿にも、刺激の低いものを使用。

  7. 日中外出する場合は、必ず日焼け止めを使用すること。BPO使用中は皮膚が敏感になる上、紫外線・日焼けはニキビ悪化の原因となるので、なおさら重要。

  8. ニキビ肌のスキンケアについて、更に詳しくはこっち参照。

副作用・注意点

効果の現れる典型的なタイムライン
Acne.orgより)
軽度〜中程度重度
穏やかな改善。BPOに慣れる段階の赤み、荒れ、痒みなどが見られる 大抵の場合僅かな改善、時には初期的な悪化も見られる。BPOによる赤み、荒れ、痒みなど。
更なる改善と時には再発も。新たなニキビは以前より早めに解消。赤みや荒れがやや改善。古いニキビ痕は依然赤く残る。 炎症の改善と再発の繰り返し。赤み、荒れ、痒みは依然続く。ほかの治療法に目移りし始める。
明らかな改善。炎症ニキビが皆無、またはその方向に向かっている。赤いニキビ痕は依然残る。 改善が続き、再発も最小限に。肌の赤みは見られるが痒みは消える。赤いニキビ痕は顕著。
肌の見た目は非常に良好。新しいニキビは出ないが、赤いニキビ痕は残る。 多くの場合、肌の状態が明らかに改善。そうでない人は焦りを感じるが踏ん張りが大事。BPOによる肌の赤みは消えるが、赤いニキビ痕は依然残る。
5〜 肌は炎症ニキビの無い状態が続き、ポツポツ出る新しいニキビも即急に解消。赤いニキビ痕は徐々に薄れてくる。 多くの場合、炎症ニキビはもう無いが、断続的な再発と奮闘する人も。赤いニキビ痕は徐々に薄れつつある。現治療法から逸れたい衝動を抑え、規則通りに継続。
8〜 治療継続により肌はニキビの無い状態が続く。美しくクリアな肌になるまで、赤いニキビ痕も薄れ続ける。 大抵3ヶ月目までには頻発ニキビに完全に歯止めがかかる。あまり重篤でない場合、ニキビゼロを維持するためには治療を継続するだけ。赤いニキビ痕は引き続き薄れ消えてゆく。単発的なニキビは想定内。

**発ガン性について**

一部のサイトなどで「発ガン性がある」などと書いてる人がいたけど、複数のリサーチの結果、少なくとも現時点では通常ニキビの薬として使用するくらいの濃度では安全らしいので、ご安心を。でも塗ると皮膚が紫外線に敏感になるのは事実なので、日焼け止めの併用は必須。ネットで調べてみたところ、BPOの発ガン性を誇張してデマを流しているのは「ナチュラル系」の製品を販売するサイトが多く、とても中立的とは言えないものばかりだった。BPOはアメリカではニキビ治療薬としてかれこれ40年使われているらしく、かなり一般的に出回っているので、発ガン性があったら表面化しているんじゃないかと。
因みに発ガン性の根拠として挙げられているのは1981年発表の1論文で、ニキビ治療とは用法が違う上に直接の因果関係を証明していないとのこと。
参考:Does benzoyl peroxide cause cancer? - The Beauty Brains (4/8/08)

市販薬の入手・個人的おすすめ

前述のように、ニキビ治療薬としては日本では未認可のため、日本国内で入手するには

  1. 輸入品を購入する
  2. 個人輸入する

のどちらかの方法になると思う。いずれにせよやや割高になっちゃうとは思うけど、抗生物質配合薬(Benzamycin、Benzaclinなど)やトレチノイン配合薬以外はOTC(over-the-counter、処方箋不要の市販薬)で同等の濃度のものが買えるので、輸入しても値段はそんなに高くないハズ。日本語のサイトで時々ものすごい法外な値段で売ってるところもあるので、ボッタクりには要注意。参考までに、チューブ入りOTC薬(1oz = 28g)の定価は日本円でせいぜい500〜800円程度です。

さて、個人的なオススメは(回し者ではありません)Acne.org外部リンクのオリジナル商品The Acne.org Regimen 2.5% Benzoyl Peroxide Gel外部リンク(旧Dan Kern's Regimen Gel)
高品質で使いやすい無香料のジェルで、しかもお買い得エコノミーサイズ(グラム当たり他の商品の2〜4分の1)。

ほかに市販している2.5%濃度のものはNeutrogena® On-the-Spot Acne Treatment外部リンク(21gで $ 7)やProactiv®外部リンクくらいだし(プロアクティブの廉価版Acne Free外部リンクは3.7%。ダラダラでゴリゴリしてて個人的には使いにくかった)、日本への送料を入れてもかなり割安だと思う。

*UPDATE* Acne.orgの影響か(?)、結構BPO2.5%の商品が増えた外部リンク模様。が、やや高級志向and/orマイナーな化粧品メーカーが多く、概ね割高。アメリカ国内から注文するなら、Acne.orgに比べれば大分割高だけど品質に定評のあるPaula's Choice外部リンクClear Regular Strength Daily Skin Clearing Treatment with 2.5% Benzoyl Peroxide外部リンクもオススメ。

Acne.org 2.5% BPO Treatment Gel recommended

無香料・無着色、乳白色 2.5% 過酸化ベンゾイルジェル

有効成分: 過酸化ベンゾイル 2.5%
その他の成分: 水、ブチレングリコール、カルボマー、ソルビン酸カリウム、フェノキシエタノール、ジアゾリジニル尿素、水酸化ナトリウム


8 oz(236ml)チューブ:$ 19($0.08/ml)
 → 用法通りタップリの用量で、顔1ヶ月分、顔+体半月分
16 oz(472ml)ポンプ付きボトル: $ 36.83($0.08/ml)
 → 同上で、顔2ヶ月分、顔+体1ヶ月分
+日本への送料 約 $ 12.67(多く注文するほど1本当たりの送料はややお得に)
支払方法:クレジットカード、PayPal

上記のサイトではレジメン外部リンクに適した洗顔料外部リンクモイスチャライザー外部リンク(一般的な乳液よりもかなり濃いローションで、日本人好みではないかも)、それに格安のホホバオイル外部リンク(BPOの使用によるカサつきを抑えるため日焼け止めクリームなどに数滴混ぜるなどして使う。個人的にはシェービングオイルとしても使用。その他の用法・説明外部リンク)、AHA(グリコール酸)10% ローション外部リンクなども販売。洗顔料とモイスチャライザーは何の変哲も無いシンプルなもので(BPOも不含有)、高い送料を払って輸入する価値は無いと個人的には思いますよ。

→ Acne.orgの商品 個人輸入ガイド

Paula's Choice Clear Regular Strength Daily Skin Clearing Treatment with 2.5% Benzoyl Peroxide - Paula's Choice

有効成分: 過酸化ベンゾイル 2.5%
その他の成分: 水、プロピレングリコール、ビサボロール、アラントイン、アクリレート、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸ナトリウム、ラウレス−4、カプリリルグリコール、ヘキシレングリコール、水酸化ナトリウム、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム、フェノキシエタノール


2.25 fl.oz.(67 ml)チューブ::$ 17($0.25/ml)
+ 日本への送料 $ 45

品質と効果に定評のある化粧品メーカーPaula's Choiceの2.5%BPOジェル。有効成分BPOに加え、炎症を抑える効果が期待出来るとされるアラントインとビサボロールも配合。アメリカ・カナダで購入する分にはオススメできるのだが、日本版ウェブサイト「ポーラチョイス」では残念ながら取り扱っていない上、米国サイトからの日本への発送は国際速達便のみで非常に高額(約$45〜)。単価が高いレチノール製品の大人買いと合わせて注文でもしない限り、送料がちょっと納得いかない割合を占めてしまう・・・。
一応Amazon.comの商品ページにもリンクしておくけど、どうやらこの商品をはじめBPOのAmazonからの日本への発送は不可っぽい。

個人輸入が面倒、クレジットカードが無い、または大量に仕入れる前にちょっとだけ試したい場合は、日本で輸入している業者から購入するオプションがある。
456 Shopping Street外部リンクが、見つけた中では一番安かったので、リンクしときます。

Neutrogena® オンザスポット にきびトリートメント - 456 Shopping Street
Neutrogena® On-theSpot Acne Treatment - Amazon.com

有効成分: 過酸化ベンゾイル 2.5%
その他の成分: 水、ベントナイト、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、乳化ロウNF、ポリソルベート20、ラウリン酸グリセリル、セチルジメチコン、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、キサンタンガム、クエン酸ナトリウム、メチルパラベン、プロピルパラベン

0.75 oz(21g) チューブ入りクリーム
価格:¥ 967 (送料込)@ 456 Shopping Street
※因みに米国内での定価は、約 $ 7.00(700円前後、$0.33/g)

以下、その他の代表的なBPO含有ジェル/クリーム/ローション。前述のとおりアメリカのニキビ薬としては主流のため多種類出てるけど、その殆どは BPO 10% なので、使用するなら過度の乾燥などの副作用を避けるためにごくごく薄く and/or ピンポイントに塗るように気をつけたほうが良いかと。

Johnson &  Johnson Persa-Gel 10Clean & Clear Persa-Gel 10, Maximum Strength
クリーン&クリア・マキシマムストレンクス・パーサジェル
1 oz (28 g)
BPO 10 % ジェル。 Johnson & Johnsonのニキビ肌向けClean & Clearライン。以前は5%のもあったんだけど・・・。
ZapzitZAPZYT Maximum Strength 10% Benzoyl Peroxide Acne Treatment Gel
ザプジット・アクネトリートメントジェル
1 oz (28 g)
BPO 10 % ジェル。
Crearasil Maximum StrengthClearasil Maximum Strength Acne Treatment Cream
クレアラシル・アクネトリートメントクリーム
1 oz (28 g)
BPO 10 % クリーム。無色と肌色あり。
University Medical Acne FreeProactiv® Solution
プロアクティブソリューション
米国版: 洗顔料とローション(共にBPO 2.5 %)+ アルコールフリーのウィッチヘーゼル(ハマメリス)とグリコール酸(AHA)配合の拭き取り化粧水の3点セットが基本
日本版: 洗顔料とデイクリーム(共にサリチル酸配合) + 恐らく米国版と同じ拭き取り化粧水のセット。オマケのナイトクリームにBPO含有。※下記参照
BPOの含有量は良いのだが、香料が気になるのと(個人差あり)高価なのが欠点。
University Medical Acne FreeUniversity Medical AcneFree Clear Skin Treatments
アクネフリー・クリアスキントリートメント
プロアクティブの廉価版で、洗顔・拭き取り化粧水・トリートメントのセットが、以下の3種類。
 敏感肌用(Sensitive):サリチル酸(BHA)2%洗顔 /3%BPO、定価 $ 20
 オリジナル2.5%BPO洗顔 / 3.7% BPOローション、定価 $ 20
 重症用(Severe)2.5%BPO洗顔 / 10% BPOローション / レチノールクリーム、定価 $ 30
ず〜っと前(10年以上)に使った時は、個人的には肝心のローションがダラダラでゴリゴリしてて質感が悪く使いにくかったけど、いい加減に品質改良したかな?

※ プロアクティブProactiv® 外部リンクについて

日本のプロアクティブソリューション外部リンクには、BPO入ってない・・・と思ったら、「ベンゾイルパーオキシド」としてナイトクリームに入っているというご指摘を戴きました。有効成分としての表示は無いので含有量は不明だけど、匂いから判断してアメリカのをそのまま売ってるのかな、という気がするので、2.5%かも(しかし60gで¥3,200はボッタクリでは・・・)。
因みにアメリカのProactiv®外部リンクは洗顔料もBPO入り(良し悪しは別として)でデイクリームは無し、3本セット(2ヶ月分)で$40、1ヶ月分は$20

因みに、Acne.org 外部リンクは、主催者の試行錯誤で極めた独自のニキビ対処法を紹介。
The Acne.org Regimen 外部リンク(旧Dan Kern's Regimen)
=と言っても、全て市販の商品で実行可能な3ステップ:
1)マイルドな洗顔料
2)2.5% BPO(少量 → たっぷり)
3)保湿 + UV対策

このレジメンの詳細な説明や、ニキビに関する詳しい情報が掲載されているので、
ニキビにお悩みで英語が判る方にはオススメのサイトです。

ニキビについて(メカニズム、他の治療薬、スキンケアetc.)
詳しくは「ニキビについて」のセクションをご覧ください。

最終更新日:2014年8月7日

参考サイト:

  1. Acne.org: The Acne.org Regimen(旧Dan Kern's Regimen)をはじめ、代表的な治療方の紹介、ニキビ薬・化粧品のリビュー、BBSやギャラリーなど、情報が満載。
  2. Acne Net:AAD(アメリカ皮膚科学会)のニキビに関するサイト。こちらは主に記事だけど、信憑性◎。
  3. メルクマニュアル家庭版 『にきび(ざ瘡)』
    医薬品会社Merck & Co.の家庭用医学百科日本語版の1ページ。アメリカでの一般的な治療方法が詳しく載ってる。
  4. ニキビには高価な抗菌薬も市販薬も大差なし──英(日経ヘルス、2004年12月27日)ウェブアーカイブ
    → 恐らくこの論文のことだと:Williams, H. C. et al. (2004). Comparison of five antimicrobial regimens for treatment of mild to moderate inflammatory facial acne vulgaris in the community: randomised controlled trial. Lancet
  5. MedlinePlus Drug Information: Benzoyl Peroxide (Topical):米国国立衛生研究所(NIH)による外用の概要
  6. Mills, O. H., Kligman, A. M., Pochi, P., & Comite, H. (1986) Comparing 2.5%, 5%, and 10% benzoyl peroxide on inflammatory acne vulgaris. International Journall of Dematology, 25(10), 664-7
    ちょっと古い文献だけど、2.5% BPOが5%や10%と同等の効果があり、且つ副作用は少ないというリサーチ結果。要約のみ。
  7. Sagransky, M., Yentzer, B. A., & Feldman, S. R. (2009) Benzoyl peroxide: a review of its current use in the treatment of acne vulgaris. Expert Opinion on Pharmacotherapy, 10(15), 2555-62
    近年発表のBPOを使ったニキビ治療に関する複数論文の解析結果。2.5%、5%、10%いずれも同等の効果が見られるが、高濃度による副作用は濃度が上がるにつれ頻発。BPOの効果はレチノイド、抗生物質、第三級アミンとの併用で更に高められることも。BPO配合薬はバクテリアの薬剤耐性を誘発せず、軽度〜中程度のニキビに対する重要な第一選択薬である。要約のみ。

 

ページトップ










広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー