TESTOSTERONEDIARY
管理人のテストステロン治療の記録です。調剤のテストステロンジェルを使っています。経皮吸収タイプのホルモンは注射よりも効果が現れるのが遅いという話もありますが、どうでしょう(テストステロンの様々な形式についてはこちらのページを参照)。2年目以降はあまり顕著な変化が無いので、年1〜2回の検診の際に更新。


BACKGROUND
被験者 (?) 20代後半〜。非肥満、非痩せ。喘息、アレルギー、鬱以外に、病歴特に無し
目的 なるべく低い投薬量で、ほぼ100%♂としてパスできるくらいの変化を期待(甘い?)
Tの種類 テストステロンジェル (調剤、右上の写真)*注
使用量など 1日1回、上腕及び腹部に塗布 (吸収率約10%
9/21/06 (3年5ヶ月)〜
8% Tジェル 1g=80mg (写真
7/11/03 〜9/20/06 (3ヶ月〜3年5ヶ月)
8% Tジェル 1g=80mg (写真
5/31/03 〜 7/10/03(1.5〜3ヶ月)
4% Tジェル 1g=40mg
4/15/03 〜 5/30/03 (〜1.5ヶ月)
AndroGel 1% 2.5g=25mg
費用 $ 21 /月(現在使用中のもの
開始日 2003年4月15日
テストステロンについて

LOG  (日付をクリックするとブログエントリーへ)
日付 総T 体重 [1] BMI 体脂肪 [2]
10/16/09 6.5年 1,361 ng/dl 54.5 kg 20.64 14.3 %
4/22/09 6年
血液検査
721 ng/dl 56.1 kg 21.24 15.1 %
4/14/07 4年
血液検査
1,269 ng/dl* 56.0 kg 21.21 15.0 %
4/3/06 3年 194 ng/dl 55.8 kg 21.13 14.3%
4/21/05 2年 57.5 kg 21.78 15.6 %
11/11/04 1.5年
血液検査
523 ng/dl      
4/14/04 1年 285 ng/dl 55.0 kg 20.83 14.6 %
10/15/03 半年      
9/29/03 5.5ヵ月 52.0 kg 19.69 15.9 %
9/15/03 5ヶ月 53.5 kg 20.26 16.2 %
8/25/03 4.5ヵ月 53.5 kg 20.26 16.9 %
8/11/03 4ヶ月 54.5 kg 20.64 17.5 %
7/28/03 15週間 54.0 kg 20.45 17.0 %
7/10/03 3ヶ月      
7/7/03 12週間 53.0 kg 20.07 16.2 %
6/23/03 10週間 54.0 kg 20.45 15.7 %
6/9/03 2ヶ月 53.5 kg 20.26 16.5 %
6/3/03 7週間 53.5 kg 20.26 16.3 %
5/26/03 6週間 52.0 kg 19.69 17.0 %
5/19/03 5週間 52.0 kg 19.69 17.2 %
5/12/03 4週間 51.8 kg 19.62 16.3 %
5/5/03 3週間 51.4 kg 19.47 16.4 %
4/28/03 2週間 51.4 kg 19.47 16.7 %
4/21/03 1週間 50.4 kg 19.09 15.5 %
4/15/03 0日 50.8 kg 19.24 16.3 %
4/14/03 前日      

BMI体脂肪率の推移 】BMI vs. 体脂肪率

諸々の交絡因子など:

[1] 体重:テストステロン治療開始とほぼ同時にそれまで数年間服用していた抗鬱剤(副作用に食欲減退&体重減少)をストップしたため、増量の全てがテストステロン使用によるものかどうかは疑問。 実際、抗鬱剤使用以前の平均体重は55〜57kg程だったと記憶しているので、開始当初の体重(約51kg)が例外的だったと言ったほうが正しいかも。
[2] 体脂肪計:2年目の測定から、オムロンのカラダスキャンを使用、その前の測定までは手に持つタイプ(もう手元にない)のを使ってたので、直接比較はできないかも。また、「男」設定で測定しているため、実際よりも低く出ていると思われますが、あくまで経過観察目的での記録なので許して。

BMIは、身長と体重から計算。標準値:18.5〜25
BMI=体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]

BMI計算ツール(Healthクリック)
Adult BMI Calculator (CDC)

いかさま『テストステロンジェル』ウェブで輸入販売してる「テストステロンジェル」(Fountain of Youth Technologies社の『Doctor's Testosterone Gel』)や「テストロマックス」(Life Flo Health社)等は、成分を見れば判るけど テストステロンは含まれてない ホメオパシー(同毒療法:分子が残らないほど希釈した毒物を投与し、その『毒が入ってた水』に対する身体の反応によって目的の症状を緩和しよう、しかも薄ければ薄いほど強力、という回りくどく意味不明な民間療法、ほぼ呪術)製品で、単なる紛らわしい商品名です。同毒療法自体に科学的根拠が無く、効果は全くありませんホルモンが入っていると思わせる記述もあるので要注意!米国発の市販品にテストステロンが含有することはありません。

ページトップ










広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー