FTMCHESTSURGERY
TRANS* SURGERIES 乳房切除術

『乳房は脂肪の袋なんだから、脂肪吸引すればいいじゃないか』と言いたくなるところだが、残念ながらそう単純ではないのが乳房。その理由は主に

  1. 乳房は脂肪だけで出来ているわけではない
  2. 余った皮膚の自然収縮には限度がある

の2点。

ご存知のように、第二次性徴後の♀の場合は乳腺(mammary glands、母乳を作る組織)が発達しているので、実際は脂肪だけではないんです。 男性の女性化乳房(gynecomastia)の場合、脂肪が殆どを占めていることもあり、その場合は脂肪吸引だけで済むけど、FTMの場合はたとえ小さめの場合でも繊維質のような乳腺が発達しているため、吸引だけでは困難な場合が多い。ハサミやメスでざくざく切らなければならない場合が殆どで、逆に脂肪吸引に頼り過ぎると力任せになってしまい、組織にダメージを与え、回復を遅らせたり癒着の原因になったりしてしまうようです。

また、上手く乳房の中身を取り出したところで、そのままでは伸びきって萎んだ風船のような状態に。小さめの場合は切開したところの周りから縫い縮めることができるけど、大きいめの場合(一般的にCカップ以上)や小さめでも皮膚の伸縮性が乏しかったり、下垂が著しかった場合は、余った皮膚の切除が必要になります。

++コンテンツ++

まずは、2〜3の用語から:

因みに、米国で胸OPを受ける際のステップは、基本的にWPATH Standard of Care(ガイドライン) に基づいて行われるが、医師によって方針はいろいろ。

また、言うまでも無いことですが、意思疎通ができない(ある程度の英会話能力がない)と、インフォームド・コンセントも不可能なので、手術は引き受けてもらえません。基本的に「外国人だからダメ」、ということは無い筈ですが、医療行為なので、幾らなんでも会話が成り立たないことには難しいでしょう。北米での手術をご希望で通訳が必要な方は、本サイト管理人が場合によって同行可能なのでご相談ください

最終更新日:2014年3月19日

ページトップ










広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー