TESTOSTERONEINJECTION
TRANS* TESTOSTERONE 種類 筋肉注射

デポー剤 (筋肉注射・皮下注射):

 デポー剤(筋肉注射・皮下注射)

Depo-TestosteroneR シピオン酸テストステロン Testosterone cypionate

化学式

C27H40O3

ブランドネーム

Depo-Testosterone®PDF形式(Pfizer)

概要

アメリカで一番広く使われているタイプ。10〜14日間効果が持続。有名メーカー製のものはコットンシードオイルがベース。

使用量・頻度

一般的には、200mgを2週間に1度、使用。

一ヶ月当たりの費用

隔週200mg使用の場合、 約 $ 10 (薬局製剤)〜 $ 20 (ジェネリック)〜 $ 25+ (ブランド)。アメリカの場合。

長所

【アメリカの場合】広く出回っているので、 入手が容易で一番安い

短所

ベースに使われるコットンシードオイルに アレルギー のある人が結構いるらしい(Depo-Testosterone®の場合)

DelatestrylR エナント酸テストステロン Testosterone enanthate

化学式

C26H40O3

ブランドネーム

Delatestryl® (Endo)
テストビロンデポー Testoviron® (バイエル)
エナルモンデポー® (あすか)
テスチノンデポー® (持田)
テストロンデポー® (富士) など

概要

アメリカ以外で一番良く出回っているタイプ。10〜14日間効果が持続。有名メーカー製のものはセサミオイル(胡麻油)がベース。

使用量・頻度

一般的には、200mgを2週間に1度、使用。

一ヶ月当たりの費用

隔週200mg使用の場合、 約 $ 10 (薬局製剤)〜 $ 20+ (ジェネリック)。アメリカの場合。

長所

理論的にはcypionateよりも体積当りのT量が多いので、効果も早い筈・・・なのだが、実際は違いは見られないらしい。

短所

【アメリカの場合】Delatestryl®はDepo-T®よりも高い。しかも在庫に波があり、不当に値段を上げる薬局もあるので、ボッタクられないように注意が必要。

Sustanon 250R 混合タイプ combination

ブランドネーム

Sustanon 250® (メルク)

成分(1ml 当り)

Testosterone propionate(C22H32O3)30mg
Testosterone phenylpropionate (C28H36O3)60mg
Testosterone isocaproate(C25H38O3)60mg
Testosterone decanoate(C29H46O3) 100mg

概要

ヨーロッパやオーストラリアでよく使われている。それぞれのエステルの半減期が違うので、比較的長期に渡ってリリースされるのがウリ。
アメリカや日本では未認可。

使用量・頻度

一般的には、250mgを3〜4週間に1度、大腿部や臀部の筋肉に注射。

一ヶ月当たりの費用

不明。

長所

エナント酸やシピオン酸と比べ、血中濃度が安定している。
使用頻度が低い。

短所


Nebido ウンデカン酸テストステロン Testosterone undecanoate

化学式

C30H48O3

ブランドネーム

ネビド Nebido® (バイエル) 、Aveed™(Endo)

概要

2004年にヨーロッパで認可。Andriol®と同じく長〜いエステルの付いたテストステロンで代謝が遅いため、年に4回の注射のみで済む、というのがウリ。日本では未認可
アメリカではPhase III臨床試験が終了&認可申請中で、2008年6月には認可の見込み2008年6月の時点でまた2年間の認可延期 → 2013年9月時点でまだ認可待ち → 2014年3月、4度目の正直で条件付き認可、名称はAveed™(Endo)。
錠剤型はAndriol®(米FDA未認可)
因みに日本の有名開業医(ナ〇モ)のところでもFTM向けに輸入&投与している模様(注射1本当り、ジェネリックで2万円だそうだが今はブランド品で3万5000円だって!高っ!!)

長所

3ヶ月に1回の注射で済む。
エナント酸・シピオン酸に比べて血中濃度が安定。

短所・副作用

独自に輸入しているクリニックでの自由診療はかなり高額(日本国内)。
一度の使用量が多く、注射した部分が痛くなりがち。
POME(pulmonary oil microembolism、油による肺微小塞栓症)の危険性:注射中または注射直後に、咳または咳衝動、呼吸困難、多汗、咽喉絞扼感、胸痛、めまい、失神などの症状。殆どの場合は数分で回復するが、救急処置が必要な場合もあるため、注射後30分間は医院に留まることが推奨されている。
INDICATION AND IMPORTANT SAFETY INFORMATIONPDF形式(Endo):Aveed使用後のPOMEに関する注意喚起

参考

"Long-Acting Intramuscular Testosterone Undecanoate for Treatment of Female-to-Male Transgender Individuals" Schulte, et.al.(The Journal of Sexual Medicine, Volume 4 Issue 5 Page 1479-1484, September 2007 )
12名のFTMに対するウンデカン酸テストステロン(Nebido/ネビド)の投与による男性化と副作用に関するの報告。同様の治療を受けた精巣機能低下症のシス男性と大体同じ血中テストステロン濃度を確保することが可能。副作用は見られなかった。僅かだが有意のコレステロール値及びLDL値の低下が見られたが、HDL値の変化は無かった。ヘモグロビン値とヘマトクリット値は共に上昇したが、いずれも正常範囲内。
Nebido患者向け説明書の和訳

* UPDATE * 
ネビドの使用中のFTM当事者の方から、使用開始後にヘマトクリット値が大幅に上昇したという報告がありました。従来の筋注ホルモン剤より安定しやすいとはいえ、特に持病などがある場合は、やはり油断禁物かと。

最終更新日:2014年7月4日

ページトップ










広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー